お気に入りブログ等の最新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリーポッターが売れた理由を分析する

ハリーポッターが売れた理由を分析するスレ

1 :この名無しがすごい!:2012/06/03(日) 21:52:36.81 ID:zd07M6M+
世界一売れた小説ハリーポッターシリーズを分析して、自分の小説に活かそう。

・王道のシンデレラストーリー(主人公をないがしろにした家族が不幸になるところも)
・魔法使いという設定
・組毎に競い合うシステム
・組分けボウシ、魔法列車などのギミック
・意外な人物が悪役というどんでん返し
・主人公TUEEEEEEEEEEEE

※宣伝は自分の力じゃどうにもできないのでなしで

2 :この名無しがすごい!:2012/06/03(日) 22:38:51.64 ID:bp3Vm0Xr
世の中の人が小難しい設定オタク風味のファンタジーに飽き飽きしていたから

3 :この名無しがすごい!:2012/06/05(火) 09:55:11.83 ID:k6MEqU4x
1. 宣伝・話題性・ブランド化
2. 映画化(メディアミックス)
3. 平易で癖のないストーリー
4. 時流に運よく乗った

あたりなんじゃないの
文学性やストリーだけ比較すれば、他の(国産含めて)凡百のファンタジーと
比較してたいした優位性はないと思うけどね

独創性とか、さほどある作品でもないので分析してもあまり意味ないかと
(原書よめなければ話にならないだろうね)



4 :この名無しがすごい!:2012/06/06(水) 06:16:54.20 ID:gwRuH8SY
英語圏だったから(数十億がそのまま読める)

5 :この名無しがすごい!:2012/06/07(木) 18:55:46.21 ID:JfYaeyAF
宣伝力。

日本でまったく同じ童話が出ても絶対にここまで売れるはずがありません。
ラノベに送っても一次落ち扱いされますよ。
「即視感」「既存の話」って言われてね。

日本の下読みや編集はマニアすぎて見る目がないよ。




9 :この名無しがすごい!:2012/06/09(土) 11:54:38.12 ID:diMUvHa+
最初はどこの大手出版社も相手にしなかった。
で、小さな出版社(だったかな?)にもってったら「500部」だけ刷って売り出した。

たちまち売れたと言うことは「口コミ」だったのでは?と思われる。

で彼女(作者)の作品をバカにして追っ払った大手出版社は見る目がない事を証明されてNEWSになったほど。

いかに大手に「発掘力がない」かということ。


11 :この名無しがすごい!:2012/06/10(日) 06:10:11.42 ID:IOG3Zacx
マジレスするなら無名だった当時の作者の作品を宣伝してやる義理は誰もなかった
海外の奴らは作者が苦労人ってだけでお布施するほど涙脆くないし
本当に面白いと思った人らが広めたんだろ
日本の小説やゲームの大半が海外では死ぬし、単に好みが違うんじゃね


12 :この名無しがすごい!:2012/06/10(日) 10:54:04.40 ID:V+wERp49
ブルームズベリー社(イギリスのハリポタ出版社)は当時弱小出版社で、そんな手は打てなかった。
だいたいそれでハリポタのような大ヒット飛ばせるなら、どこの出版社でもやってるわ。

それに日本だって、面白いという人も結構いる。
凡百の本なら、それこそ2巻以降買わないから、単純な嗜好の違いってわけでもないような気がするがな。
(自分に敵対するものは徹底的にやっつけるみたいなのは、国柄の違いって気はするが)

13 :この名無しがすごい!:2012/06/11(月) 20:24:06.77 ID:gRCJMejS
>「即視感」「既存の話」って言われ
キリスト教が中心で魔女狩りや魔女裁判なんてあったエリアだから、
子供向けで魔法使い側が主人公で正義(というのかな)の話は意外となかったんじゃないか


27 :この名無しがすごい!:2012/06/17(日) 05:05:46.23 ID:ZqhiFo9H
読んでわくわくさせるから

28 :この名無しがすごい!:2012/06/17(日) 12:01:20.27 ID:/XnjYKC8
それはハリーポッターだけに特別なことか?

29 :この名無しがすごい!:2012/06/17(日) 16:13:49.76 ID:ZqhiFo9H
そうじゃないけど、読者の間口が広くて実際わくわくした奴が多いから売れたんだろう

30 :この名無しがすごい!:2012/06/18(月) 01:27:17.80 ID:Luv1USn2
>29
スレタイの「売れた」は「他の類似作品と比較し非常に多く売れた」なんだよ。
言い方を変えれば
「読んでわくわく」した奴が非常に多い理由 を考えてみようってことなので
>27では回答になっていない。

で、お前はどんなところに「わくわく」したのかね?


31 :この名無しがすごい!:2012/06/18(月) 01:31:34.29 ID:vxak1JXQ
>>30
他と比較して異常に売れた理由を考察してるというより、くさしてるだけじゃね?

魔法、寮生活、怖い先生、魔物、事件と子供の好きそうな要素てんこもりじゃん
一巻は特にハリーも子供だからか、生意気さも感じないし文化的な違いを意識しないから世界中で受け入れられたんじゃないかな


43 :この名無しがすごい!:2012/07/26(木) 02:30:47.97 ID:CP6Jkn5a
自分の場合はワクワクするから面白いとは思わなかったけどな
ドラえもんの道具みたいにこの魔法を現実に使ってみたい!
と思った子供がどれだけいたんだろうか

むしろ、欧州への憧れ+立派な城でリア充寮生活してみたい
という自己投影みたいな妄想しながら読んでたよ

あとは人物像とか風景が自然と頭の中でイメージ出来る不思議な本だなって感じたな
映画を見ると少し崩壊するけど


44 :この名無しがすごい!:2012/07/26(木) 23:15:41.06 ID:oHRjpR52
「学校」って形態を取ったのがいいよね

53 :この名無しがすごい!:2012/08/07(火) 02:42:18.60 ID:6HMLjaIA
ファンタジーをうまく現代世界に溶け込ませたことだと思う
ファンタジーはそもそも全く別の世界のお話(指輪物語、ゲド戦記)か
現代人が異世界にワープ!(ナルニア国、古いけど不思議の国のアリス)が多い
でもハリポタは現代イギリスがそのまま舞台になってる
ドラゴンとか魔法とか出てくるけど、ハリーは完全にイギリス人で、長期休暇に列車で家に帰ってくる
ここが、何ていうか、地続きのリアリティがあるんだと思う



54 :この名無しがすごい!:2012/08/07(火) 02:54:40.14 ID:6HMLjaIA
「異世界」感が少ないもう一つの理由としては
ハリーがホグワーツに行っても、普通の同い年の子供とさほど大差の無い日常をおくること
学校で勉強して、クラブでスポーツして、仲の良い友達とつるんでちょっと校則を破ったりする寮生活
これだけ書けば、深夜にやってるアメリカの安いハイスクールドラマと変わらない
そこにうまいこと魔法とかファンタジーギミックが入ってくる
ホグワーツ魔法学校は異世界じゃなくて特殊学校なんだよね


57 :この名無しがすごい!:2012/08/07(火) 17:30:56.73 ID:6HMLjaIA
ああ、プロットというか、シリーズ構成も上手いと思う
1巻からハリーの親の敵はヴォルデモートさんって明らかにされてるけど
本人が復活するのは4巻のラストで、倒すには7巻までかかる
この適度な内容の薄さというか、軽さが上手い
世界観の作り込みは、クィディッチとか魔法とか学校とか生物とか
すごくしっかり作り込んであるんだけど
1冊1冊の内容は、日常パートも多くて、さほど濃厚じゃない
4~5巻以降は結構濃いけどねwまあそこまでシリーズ出せば、固定ファンがついた後だし
もともとが児童書だからなんだろうけど、文体も読みやすいし、親しみやすい本だと思う

日本でもライトノベルが流行ってるし
重厚なファンタジーってのはもう古いのかもしれないね


63 :この名無しがすごい!:2012/08/12(日) 00:32:16.41 ID:f8QtKDvV
そもそもイギリスって魔法使いがいまだにいるって信じる人が多い文化なんだってね
それだけ魔女狩り等々の歴史で魔法使いというジャンルが多い中で
よく魔法を題材にして売れたなと思う

それとも日常的に受け入れられてるからこそ
入り込みやすかったのか


65 :この名無しがすごい!:2012/08/12(日) 09:19:18.69 ID:jI+W97O1
>63
そういうのは上でさんざん言われてるけど、そういうことじゃないんだよ。

ポイントは一作目の「賢者の石」がイギリスで
・大手出版社でダメ出しされた
・にもかかわらずクチコミで売れた(インターネット故の拡散速度は大きかったが
この二つを同時に説明できること。

二作目以降は「イギリスで一作目が売れたから」で済むんだけどな。



85 :この名無しがすごい!:2012/09/07(金) 22:31:07.98 ID:K7oDPlFx
内容以外の話だと「イギリスで大反響」って肩書きだと思う
日本人の白人コンプってのは未だに根強い
「イギリス」=ファンタジー本場ってイメージも影響してるかもしれんが
そういうイメージとか白人に特に弱いのが中高生~主婦層の女
そして内容的なターゲット層も同じ層だった
その一致でまず売れた
そうなると「イギリスで大反響」+「日本中で大ヒット」の二つの肩書きがつくことになる
それから、日本人は流行に弱い
「日本中で大ヒット」の肩書き効果で、また売れる
その後「ハリウッドで映画化」の肩書きもついた
ここまでくれば、まあ売れるよね

なぜイギリスで売れたのかは知らん


88 :この名無しがすごい!:2012/09/18(火) 23:53:50.03 ID:pnlGG2EI

みんな魔法が大好きだから!



89 :この名無しがすごい!:2012/09/19(水) 03:52:07.45 ID:D0dHeVkj
>>88に気付けのブランデーを飲ませるセントバーナードスネイプ先生

95 :この名無しがすごい!:2012/11/23(金) 02:29:53.44 ID:lfXMGzOG
例えば最初の方では、イトコが強欲で馬鹿だという事を説明するためだけに
ダドリーの部屋は二つあってハリーは階段下で寝ていたり、うろ覚えだけど、
「ハリーには豚が叫んでいるようにしか見えなかった」とか
「その大きな杖は豚のようなダドリーがハリーを脅して殴るのに十分なように思われた」とか、
ダドリー悪すぎw豚過ぎwって笑ってしまう もちろん別の登場人物でもしかり
はじめから最後までずっと笑いを誘うような文章を頻繁に挟んでいる

そういう読者を笑いで引っ張っているファンタジー小説があまりなかったのかな?
イギリスの当時の小説に詳しい訳じゃないからわからないな だれかー


103 :この名無しがすごい!:2013/03/16(土) 23:08:15.38 ID:2ZmdarB4
ストーリーとしてはかなりベタなんだよね
出生の秘密、厭味なライバル、実は天才、友情、陰から見守る賢者、圧倒的で傲慢な敵。
エンターテイメントの要素はてんこ盛り
ハリウッド映画などと同じで、ベタだからこそ宣伝しやすく、世界中でうけた

「理由があるはず」なんて高尚な考察をはじめるから本質を見失う罠


104 :この名無しがすごい!:2013/03/17(日) 01:38:14.93 ID:mZF3nEdw
大勢が面白いと思っただけの事だもんな
それを面白いと思えないとか疑問を感じてる時点で感覚がズレてるんだから
納得の出きる理由なんか見つかるわけがないさ
悪い意味で自分が人とは違う感覚持ってることに気が付いて
その上で普通の人の感覚は面白いと感じるんだなって位で納得するくらいしか無いんじゃない?

106 :この名無しがすごい!:2013/03/22(金) 22:56:27.73 ID:P7sKCh1K
ハーマイオニーに萌えるから

元スレ http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bookall/1338727956/





スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

rx7878

Author:rx7878
2ちゃんねるから特定の考えにとらわれず、様々な記事を紹介します!
相互リンク、相互RSS募集中ですのでよろしくお願いいたします!

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

管理人への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。